ヴォクシーを高く売る!

トヨタヴォクシーは人気の高い車種ですのでまだまだ買い取り価格は高く売れます。!
まずは車売るときの原則一括査定をお使いください。

トヨタ自動車が生産しているアイゴは、ヨーロッパで製造・販売をしているAセグメントというもっとも小型の車格に属する乗用車になっています。アイゴは徹底された軽量化と低コスト化が図られていています。乗車定員が4名で3/5ドアハッチバックタイプのボディですが、荷室のハッチバック部分はガラスハッチになっています。ルームライトも運転席ドアを開閉したときだけ連続点灯が可能になっていますが、助手席や後部ドアにはドアスイッチ自体がありません。また、エンジン水温計や水温警告灯などもないなど、かなり細部にいたるまでコストカットが行われています。アイゴは2001年に開発を開始したのち、2005年2月に生産を開始しました。さらに2005年3月にはジュネーブモーターショーで披露されています。2009年にはマイナーチェンジが行われ、フロントバンパーやテールランプの形状が変更されました。さらに2012年にマイナーチェンジによってフロントバンパーの形状が変更されました。アイゴの姉妹車としては、プジョーの107や、シトロエンのC1などがあります。

ガリバー 評判 コスモスマートビーグル

 

中国での日本車の評価 

 

日本に対して反日感情をむき出しにしてくることが多い中国ですが、最近では中国国内でも日本車を見かけるようになりましたね。日本の車がなぜここまで中国の市場に入り込むことができるようになったのか?というと、中国の国産車は安心して乗れる車が少ないということになります。
日本車は中国車に比べて「安心して車に乗ることができる」という部分が高く評価されている傾向が強いです。日本のメーカーの車と中国のメーカーの車を比べたときに安心して車に乗ることができる車はどちらか?となったときに当然日本車のほうが安定感・安心感があるのです。
こので中国での日本車の評価は「品質とアフターケアのサービス」が素晴らしいということで、反日デモがあった際には売り上げが減ってしまいまいたが、やはり高品質の車が欲しいという中国のユーザーに答えた形になっています。
また中国では「所得が向上している」と言われていて、今が絶好の車の買い替えのタイミングの流れが来ている中で、改めて日本車が注目されていて、さらに中国での日本車の評価がさらに上がってきている傾向があります。

更新履歴